9. パトロール(地域のパトロール)

パトロール(地域のパトロール)

近年、治安はわずかずつに悪化の傾向にあります。
昔は女の子の保護者が主に気を付けるなどが主なものでしたが、
最近ですと男の子の保護者も油断できなくなりました。

幼稚園ですと、送迎バスの利用等安全性の高い手段はとれますが、
小学校からは徒歩登校が当たり前となり、人通りの少ない道をまだ幼稚園から上がりたての幼い生徒が
登校しなければならない場合もあります。

隣近所でもあまり干渉しない現代社会、そのなかで子供を守るための運動として挙げられるのが
地域のパトロールです。

全校集会などで、見本を見せて「この旗が立っている家に、不審者が来たら逃げなさい」
などの指導が行われています。

普通の家ですと、どこが保護に協力的な家かはわかりませんが旗という目印があることで、
子供たちは視認しやすくなります。
これと同様に、視認しやすい服を着用することで「この人は見守ってくれる人だ」というのを
生徒たちからわかりやすく出来るのが、Tシャツの役割です。

私服で巡回しても、不審者も私服での徘徊なのですからわかりづらく、
地域の見守りの活動等とわかっていただけません。
それどころか、私服のまま生徒たちに関わり変な誤解を生んでしまうことすらあるでしょう。

善意からの行為でも、疎まれてしまう悲しい社会ではありますが、
このような誤解を防ぐためにもシャツは一役買ってくれます。
目印は子供たちにとっても、保護者にとっても、地域の方にとってもわかりやすく非常に便利なものです。

地域パトロールをあらわしたTシャツを着用し、子供たちの登下校を見守ることで地域の安全性は高まり、
不審者にとる犯罪なども少なくすることが出来るのです。

いまや、幼稚園、学校側も警戒し入園入学すると必ず不審者への対応を教えられます。
それほどにやはり不審者の存在が危惧されている社会なのです。

今も昔もなくなることが無い不審者出没情報、撲滅できると理想ではありますがそれが出来ないのであれば、
見守るための人々を増やし、更にわかりやすいようにきちんと視認しやすい衣服で
パトロールするのが重要となってきます。

警察官のような威厳まで持つ必要はありません、子供たちが安心して頼れるような地域を作るためにも地域組合、
教育委員会などでTシャツ制作、配布利用するのはこれからの社会でも重要となるでしょう。

地域住民の普段からの見守りも十分大切なことです、それを尚強調できるものとして、
Tシャツによってパトロール員という存在をアピールすることにより、より安全で明確な、
子供を保護するための地域を作り上げることができるのではないでしょうか。

不審者情報が減らないのは悲しいことですが、対抗する用に地域のパトロール員が増えることで
子供たちの安全をより確かに出来るのはゆるぎない事実と言えるでしょう。


わかりやすい地域のユニフォームに!スパークルのオリジナルTシャツ